心筋梗塞になっても諦めない|数々の治療法が救う命

病院

心臓に痛みを感じた時には

病棟

冠動脈の血流の悪化が原因

心筋梗塞は循環器疾患の中でも代表的なもので、冠動脈にコレステロールがたまることが原因で起こります。この冠動脈というのは、心臓の上部にあるためこの名前があり、血管が心臓を取り囲むようにして走っています。この血管内にコレステロールがたまり、血流が悪くなることで、胸痛や圧迫感を覚えるようになります。この症状は狭心症と呼ばれます。狭心症の場合は、症状が現れるのは15分程度です。さらに血管の内部が塞がると、血液が心臓に届かなくなり、心臓の細胞が壊死した状態になります。これが心筋梗塞で、やはり胸痛や圧迫感があり、症状が現れる時間もかなり長くなります。狭心症は薬物や手術で治療を行いますが、心筋梗塞の発作の場合はまず救急車で病院に行き、集中治療を受けることになります。

生活や食事の見直しを

心筋梗塞を防ぐためには、やはり日頃の生活を改善して行くのが一番いい方法です。特に喫煙はかなり大きな要因となりますので、できれば禁煙し、食物繊維やミネラルの多い、バランスのいい食事を心がけるようにしましょう。またストレスをためこむことで血液中のコレステロール値が上昇し、心筋梗塞に罹る確率が高くなります。適度な運動などでストレスを発散させるようにするのがいいでしょう。もちろん疲労も心筋梗塞を呼び込む一因となりますので、睡眠時間をできるだけ確保するようにしましょう。塩分や脂肪分、糖分の摂取もできるだけ控えめにしてください。そして定期的に健診を受け、もし我慢できないような胸の痛みを感じた時は、すみやかに病院に行くことをお勧めします。